自己紹介とToDoメモなんでもまとめ思いつき日記的過去に書いたもの+ネタ的ヤフオク・マケプレの技術未分類
自分のためのまとめ記事が多くなってきた。「思いつきで動く。」から改名してみた。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.14 Sun
今朝アマゾンで70マイルもらい損ねたのでまとめてみる

大前提ルール1:どんなにほしいものでも3日間ペンディング。
買わないのが一番。3日待って、まだ欲しかったら本当に欲しいはず。

大前提ルール2:マイルの貯まるクレジットカードで支払う
だいたい100円で1マイルもらえるカードでいい。


次は本に関してのルール
本のルール1:新刊本以外は図書館で借りれるか調べる
資料用の本は図書館で結構借りれる。借りた後買ったことも多い。図書館サイトから蔵書検索すべし。

本のルール2:アマゾンではカートにさっさと入れてしまわない。
書評サイトやアマゾンの書評は活用する。ただし買うのは慎重に。

本のルール3:本を買うのはbk1
bk1だと300円の割引券がMLで毎月一回もらえる。3000円以上の購入で使えるから10%の割引になる。一万円以上買うと1000円分のポイントも貰える。僕は4回ほど貰った。

マイルは航空料金で換算すると1マイル2.5円以上になるので新刊の本でも全体で12.5%引きで買える。
また、読み終えたあといらなくなったら自分でマケプレに売ればいい。


本以外のルール1:アマゾンとヤフオクと価格コムで値段チェックをする。
以外のルール2:アマゾンが安ければここのサイトから入って購入する。
JALのサイト経由で入ると100円ごとに1マイル貯まる。※サービス終了済み。bk1はまだ有効か

価格コムでは桁違いに安い店以外は使わない。個人情報を書くのはまずいしめんどくさい。
JALはマイルが貯まりにくくて航空券引き換えまでなかなか到達しないのでこの方法は結構使える。追記:JALアマゾンショッピングは2008年9月で終了するそうです。


僕がやらないこと:
※ブログで自分買いできるアフィもあるそうだけど、面倒なのでやらない。
※ネットに限らず、ポイントカードなどは常連の店以外では持たないようにする。


要点はややこしいことしないこと。手間をかけずにシンプルに買い物すること。
今の世の中はポイントだらけで、のめりこんでしまうと冷静な計算ができなくなることが多い。
(逆に言うなら、ポイント制度というのはそういった冷静さを失わせるためのシステムと言える。)
居酒屋の割引券から、コーヒー屋のスタンプカードから、携帯会社のポイントやクレジットのポイントまで、いろいろあるけど、うまく活用しないほうが無駄な消費を抑えることができる。
ニコニコ現金払いだけなのはどうかと思うけどベースになる消費をクレカで利用して、最低限のポイントシステムだけ利用しているのが一番だと思う。今までいろいろと試してきたけど、これが僕のベストなプランですね。
追記:ポイントについてはこちらの記事が興味深いです。
2008.10.31 Fri
今回のまとめ
1.bk1のMLでギフト券をもらう
2.JALのサイトを経由する
3.bk1では3150円、10500円で買えるように調整する。
4.街の本屋で買ったほうが良いことも多い。
5.ギフト券はネット検索で探せる。

前回、ネットで買いものするときのマイルールを書いた。改めて今回はオンライン書店ビーケーワン最強説について考えてみる。


品揃え
bk1は図書館流通センター(TRC)が運営しているので品揃えはかなりいい。古い本はアマゾンに劣るけど、他のネット本屋に比べたらダントツ。

最強の割引
a. 300円のギフト券 税抜3000円以上で使用可能。MLで毎月一回もらえる。2枚使用不可
b. 1000円分のポイント 税抜一万円購入で翌月もらえる。(ギフト券でも貰えるがポイントで貰う事)
c. 足跡ポイント サイトを訪問するたびに1円分、最大で毎月130円分のポイントがもらえる。
d. ポイント還元 購入金額の1%をポイントとして還元される。(b.のときやマイル還元だと対象外)

JALのマイル

JALの提携サイトからログインして飛ぶと買い物100円につき1マイルをもらえる。
JALはマイルが貯まりにくいから助かる。そのかわり1%ポイント還元はなくなるが、無料航空券で換算すると1マイル≒2.5円なのでマイルのほうがうれしい。
ただし、一万円購入時は千円ポイントではなく100マイルプレゼントに変わるので注意。

書評
少ない。アマゾンの書評を見てbk1で買う。ただし、書評の質はbk1のほうが断然いい。

実際にどれだけ安くなるか。
ここでは百円で1マイル(≒2.5円)たまるクレジットカードを使う想定です。

ケース1 税抜3000円の本を買うとき(税込3150円)
※この場合はマイルをためるほうがトク。
 300円ギフト券を使うと2850円(消費税は変わらない)
 JALのサイトから入ると28マイル(70円)
 支払いはクレカにして28.5マイル(71円)
 合計 3150円→2709円で14%引き 

ケース2 税抜一万円の本を買うとき。税込10500円
※この場合はマイルよりポイントを貰ったほうがトクなので、JALを経由しない。
 300円のギフト券で10200円(消費税は変わらない)
 あとで1000円分のポイントが貰えるので実質9200円
 支払いはクレカで92マイル(230円)
 10500円→8970円で15.5%引き

これがベストエフォートです。
 たとえば4200円の本を買ったときは3900円78マイル(195円)で3705円となり、11.8%まで割引率が落ちます。
 3150円だとか10500円のようにきちんと買える訳がないと思うかもしれません。そのとき活用できるのがポイントです。足跡などで貯めたポイントで調整すれば理想的な割引率に近づけることができます。ギフト券は2枚併用できませんがポイントとの併用は可能です。


他の方法を考えてみる
・アマゾンで3150円の買い物をすると1%のポイント還元です。クレカ払いでマイルが貯まるとして実質3.5%の割引となります。
・街の書店で買うときはクレカが使えれば実質2.5%の割引になります。
つまり、bk1の圧勝ですね。



それでも僕は街の本屋で買う
と、ここまで書いておきながら、本の三割は街の書店で買っています。
 街の書店で買うメリットは何か。それは現物を見て買えるので無駄買いする確率が低いという点です。
 ネットだと使えない本をつかまされる確率は高いです。たくさん書評を見ても、やはり現物を見ないというのは弱いもので、これではいくら割引率が高くても無駄になりますね。
 仮に10冊につき1冊無駄な本を買ったら、上のケース2に当てはめると約5%の割引に過ぎなくなります。そういう理由から街の本屋で買うことも損だとは言えないのですね。すぐに読めますし。
 街の本屋でチェックしてネットで買えば一番いいんですが、売上が下がって本屋が撤退すると困るので、立ち読みのお礼として三割程度は街の本屋で買うことにしています。


最後に、MLは転載可能なのでネットで
「bk1 ギフト券 11月」
というふうに検索すれば誰かが載せてくれたコードが見つかることがあります。
本日早速、300円割引券が届いてました。
今回のMLはJAL経由で買った人向けなので他の人だと使えるのかわかりませんが、一応。
jal810bcpthgft4m(11/4まで)
2008.11.03 Mon
先月発売されました、初回限定版さよなら絶望先生15巻。
DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 第15集 (少年マガジンコミックス)DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 第15集 (少年マガジンコミックス)
(2008/10/17)
久米田 康治

商品詳細を見る


定価は3470円ですが、案の定4000円台のプレミアがついてました。

僕は絶望先生のコミックスを集めているので1冊だけ予約注文していました。
先日紹介したbk1での買い物の仕方の通りに買ったので定価3470円を3000円以下で購入しましたが、複数冊買おうか迷ってました。

理由は3点あります。
・ファンとして3期のアニメをやって欲しいので、売上を増やして応援したいこと。
・初回限定かつ完全受注生産なので数が限られていること。
・たぶん少しだけプレミアがつくだろうこと。

完全受注生産だし予約しそびれた人は必ず一定数いるので、買い占めにも当たらないと思いますし。そういうわけで迷ったんですが、結局やめておきました。こういう形のセドリはやったことないですが、在庫を寝かせないといけないこともあるでしょうし、リスクは高いですね。

利益が1500円だと薄いと考える方も多いと思います。
ですが、(まだ、マケプレについての記事は中編まで書いて中断してますし、書いていいのかわからないですが、)マーケットプレイスで安定的に収益を上げる方法の一つに、こういうのがあります。
「利幅が小さくても確実に裁ける商品を見つける。安定した仕入れ先を確保しておけば、一つの商品で月に数個売れて計5000円だとしても、たとえば4つ見つけ出しておくことで定期的に2万円の利益になる」というものです。正直今回の商品は好きな作品なので逆に冷静に判断できない気がして引いてしまいました。最近マケプレやってないし。


そして、次に気になるのが来年2月発売の16巻です。
DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 第16集DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 第16集
(2009/02/17)
久米田 康治

商品詳細を見る

 今回の件で味をしめた人いたとしてその人たちが大量買いすると相場がガタンと崩れます。これは、たかだか数十人の思惑で変わります。
 しかも次回はファンが買いそびれなくなるかもしれないし、今後OAV2作分を再パッケージして発売するときは下落するし、逆に3期が始まったら値上がりするかもしれません。余剰資金がないのでやっぱり僕はやめときます。

それにしても、15巻はコミックスもDVDも最高におもしろかったです。
コミックスだけでも買う価値十分。おすすめです。ア

関連:やはり本を買うならbk1が最強か
2008.11.05 Wed
googleへの中途採用、書類落ち orz

 当方、文系のパソコン初心者なので当然といえば当然だが。
 おもしろそうだと思って応募したけど、実際にグーグルという会社がどうやって利益を得てるのか具体的に知らないまま応募したことに気づいた。というわけでAdSenseを貼ってみる。もう遅いけど。

しかし、アドセンスの説明ページのわかりにくいこと、わかりにくいこと。
>サイトに追加するプロダクトを選択してください。
プロダクト?product?
こんな感じの単純カタカナ化や機械翻訳めいた日本語で説明されていて、ほとんど理解できなかった。

求人情報の欲しい人材欄には「日本語での豊かなコミュニケーション能力がある方」
みたいなことが書かれていたんだが、これでは少しだけ納得がいかない。

邪魔に感じたら消すけど、自分が書いたものにどんな広告がつけられるのは興味深い。
よかったら試しに一回クリックしてみてください。報酬は考えてないけど、仕組みは知っておきたい。
2008.11.09 Sun
アドセンスを貼ってみたけど、まともな広告が出てこない気がする。
他のサイトでも気をつけてアドセンスを見るようになったけど、どこでもそうらしい。

身長、バスト、髪の毛、モテタイ、といった様々なコンプレックスにつけ込む広告ばかりのような・・・
こういう「コンプレックス商法」(たった今、命名)を助けることはあまりしたくない。

それから情報商材が多い。あきらかに怪しい。
儲かる秘訣を広告するというのはいろいろと矛盾してるぞ、とつっこみたくなる。


思ったんだけど、そもそもweb広告っていう枠組み自体、大丈夫なのか?
こういういかがわしい広告ばかりで、消費活動のメインを押さえていないような気がする。

ネットだからロングテールだからコスト低いからとかなんだかんだ言ってても、
一般消費者が一番お金を使うものがカバーできてないとやっぱりダメな気がする。
「でも、広告のメインってなによ?」っていう話になりそうだけど、そこは省略。


「つづきはwebで!」とCMでよく耳にしたけど、
web広告では「つづきはrealで!」ってことになりそうにない広告がやたら多い気がする。
大丈夫なのか?もう少し様子を見たいのでとりあえず結論は出さない。

かんけーないけど、「続きは現実で!」ってキャッチコピー思いついた。どうだろう?
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。