自己紹介とToDoメモなんでもまとめ思いつき日記的過去に書いたもの+ネタ的ヤフオク・マケプレの技術未分類
自分のためのまとめ記事が多くなってきた。「思いつきで動く。」から改名してみた。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.18 Fri
http://anond.hatelabo.jp/20080717011148
 こちらに書いたものを自分で転載しました。転載の理由はリンク元に書いてあります。ここ、昔にブログ作ってみたものの放置してたので、この跡地を再利用することにしました。小見出しのtagとか編集の仕方がわからん!読みにくかったらごめん、あとで書き直す。
以下転載。
かなり慣れてきたので語ってみる。内容はかんたんなノウハウとマケプレをお薦めできない理由の2点だ。
(正式にはAmazon マーケットプレイスです。)

はじめに、ヤフオクとアマゾンの違いをおさらい

  1. 出品が楽。写真も不要だし、説明も少なくてすむ。
  2. 入金確認と発送の打合せが不要。これも本当に楽。
  3. 丁寧に連絡入れなくても怒られない。ヤフオクでの神経質さは異常。
  4. 手数料が高い。15%、ぼったくり。(ヤフオクは5%)。それと、実は送料持ち出しが多い(後述)。
  5. 売れなくても出品し続けることができる。いわゆるロングテールほにゃららってやつですか?
  6. 相互評価がないので、評価がシビア。ヤフオクだと報復評価があるけど。

こんな感じかな?

まずはスタートアップガイド

  1. 家中から本とCDを集めてくる。実家の倉庫や知合の引越の時にでもなんでももらってくる。
  2. まずブラウザをfirefoxにする。そしてaucfanにアクセスしてfirefoxのプラグインをつける。
  3. 検索バーでオークファンとアマゾンを直接入力できるようにする。
  4. 手元に本とCDを集め、検索をかけてひたすら値段チェック。
  5. このとき、アマゾンとヤフオクで相場が違うブツがあることに気づく筈だ。 ※Tips.1
  6. アマゾンでの出品最低ラインは500円。理由は後述。500円以下ならヤフーで処分しよう。
  7. 見込みのある商品はfirefoxのタブを開けっ放しにしておく。
  8. 売れそうなものが結構あったらアマの出品用アカウントを取る。
  9. 登録を済ませたら、商品の出品手続きをはじめる。最初は状態の良い商品だけを出品。 ※Tips.2
  10. 商品説明は他の人のを参考にしながら丁寧に書くこと。
  11. もし瑕疵があったらきちんと明記すること。テンプレ作って辞書登録が早い。
  12. 価格は最低価格と同じに設定。訳ありで安くしてる出品物があるので、同レベルの出品物と同じ価格な。相場クラッシャーは嫌われるぞ。
  13. 書き込みなどがないか検品して商品説明を書いて価格決めて出品完了、だいたい5分。
  14. 100個でも1日かければ出品は完了できるけど検品がおろそかになりがち。
  15. たぶんその日に早速注文が来るので、お礼・発送予定・連絡先を明記した対応文を書いておく。

※Tips.1 検索バーにテンキーでISBN直打ち、CDなら例えば「wpca-8421」と書いてあるような文字を入力すると早い。
※Tips.2 どんなに状態が良くても「状態:良」で出品すること。

準備はここまで。

実際に注文が来たら

  1. 受注票を印刷する。そして作っておいた連絡メールを当日中に出す。入金確認がないから楽。
  2. 丁寧に梱包する。緩衝材のほかに、雨に濡れることを考えてビニールなどを被せる。
  3. ただしメール便対策で厚さに注意。1センチ80円、2センチ160円、2cm以上は受け付けない。
  4. 発送は基本的にヤマトのメール便。コンビ二でも。当日発送になる締め切り時間を必ず確認しよう。
  5. ゆうメール(書籍小包)のとき本当は受注票を入れてはいけないのだが・・・
  6. メール便は恐ろしく遅い。到着予定を伝えてないとトラブルになる可能性大。


一ヶ月経ったら

  1. 丁寧な包装、控えめな商品状態の申告、素早い対応、きちんとできてれば一月後には評価がぼつぼつもらえる。
  2. 最初状態の良い商品だけを出品するのは、初期に低評価されたらもう一生浮かび上がれないから。
  3. アマゾンではお客様が神様。一方通行の評価のせいかヤフオクと違ってシビアなので本当に注意。
  4. メール便の伝票は捨てずに保存すること。ちょくちょくメール便の不着の苦情がでてくる。
  5. アマゾンから最初の入金があるはず。持ち出しの送料を取り戻して次の送料分を取っておこう。
  6. そろそろ全商品を出品開始。検品と商品説明はきちんと行うこと。


長くなったので今日はここまで。
次回は小さいけど有効なTipsと、ノウハウのそれぞれの理由を書きたいと思ってる。細かく書きすぎてるかおおざっぱすぎてるのか自分でもよくわからんな。
それと購入者向けに1円本のお金の行方、1000円のCDのお金の行方についても書いてみる。来週くらいになるかも。


7/24 まとまらないのでぐちゃぐちゃだけど続編を置いておきます。今度全面的に書き直します。
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.07.14 Wed 07:04 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://h2co3.blog98.fc2.com/tb.php/6-5db542ec
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。