自己紹介とToDoメモなんでもまとめ思いつき日記的過去に書いたもの+ネタ的ヤフオク・マケプレの技術未分類
自分のためのまとめ記事が多くなってきた。「思いつきで動く。」から改名してみた。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.06 Thu
のび太名言集 - 回虫
続・のび太名言集 - 回虫
ワラノート 骨川静香「あなた・・・寝癖が立っているわよ」
この三つに心動かされてドラえもんの第一巻を買ってみた。

ドラえもんの初登場↓
初
一ページ目だとまだ首が据わってない↓
崩れ気味
ネコらしく猫背っぽい↓
猫背


これから二巻へと読み進む前に、のび太の「本当の個人史」を年表にしてみる。
(てんとう虫コミックス第一巻)

 1959年 11/3 野比のび助と玉子がプロポーズ。のび太は未来から来て手助けした。
 1970年 正月 このときドラえもんと出会うはずだった。
 1971年 (10才?) ドラえもんと12年前の両親の結婚記念日へと行くので、10才と推定。
 1979年 (18才?) 大学入試らくだい、なぐさめパーティ
※この年に大学共通一次試験が始まる。導入初期の混乱に巻き込まれたのかもしれない。ちなみに、この年にアニメ版ドラえもんの放送が始まっている。

 1988年 (27才?)就職できなくて会社設立
※この頃はバブル期。多浪多留でも就職は楽勝だったらしい。世間では新入社員確保のためにハワイで拘束するなんてことも普通にあったそうな。そんな時代でも就職できないことは、のび太の凄さの一つかもしれない。

 1989年 (28才?)ジャイ子と結婚
※この年の末、東証は史上最高値を更新。相手がジャイ子とはいえ20代できちんと結婚できたんだから青年実業家として会社は順調だったんだと推測できる。

 1993年 (32才?)花火で会社が丸焼け
※2年後の写真ではジャイ子が乳飲み子を抱えているので、ちょうどこの頃に妊娠か出産した可能性。のび太はそれに喜んで花火したとか?でも会社で花火はしないよな、ふつう・・・。さすがのび太。

 1995年 (34才?)会社倒産で借金取りが押しかける。
※バブル崩壊の影響か?しかし火事の後、2年間も会社がもったことが逆にすごい。

 22世紀 のび太の借金が百年たっても返せない。
※相続放棄は?なんて考えるのは野暮ですね。そんなのび太に連れ添うジャイ子、いい奥さんだ。


 (第二巻まで読んでいくと設定がややこしくなってくる。たとえば、第二巻で1964年生まれだと明かされるが、これでは一巻にある1979年の大学受験ができないから矛盾する。)


 こうしてみてみると、未来からドラえもんがこなかった場合ののび太は時代ごとの世相を反映した生き方をしてる気がする。百年たっても返せない借金というのはすごい。だけど、大人になってわかるのは、それだけの借金を作れるのび太の信用力のほうがずっとすごいということ。返せないほどの借金を作れたのび太のことを今ならちょっと尊敬できる。



今年、のび太は47才。
しかし、ドラえもんのようなロボットが来たというニュースは流れたこともない。
たぶん、この時間軸の世界にはドラえもんは来なかったのかもしれない。
それは、もしかして来る必要がなくなったからかもしれない。
野比のび太氏は倒産したあと、きちんと借金を整理できて、
今年ジャイ子との20回目の結婚記念日を祝いながら今度の同窓会のことを考えているのかもしれない。

ドラえもんは僕のところへも来なかったし、誰のところにも来なかった。
助けてもらえなかったんじゃなくて、助ける必要がないから来なかったのかもしれない。
世の中にはドラえもんが来なかったことを静かな喜びに感じれる世代ののび太たちがいるのかもしれない
・・たまにそんな風に思い直したりもする。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://h2co3.blog98.fc2.com/tb.php/50-152f95c9
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。