自己紹介とToDoメモなんでもまとめ思いつき日記的過去に書いたもの+ネタ的ヤフオク・マケプレの技術未分類
自分のためのまとめ記事が多くなってきた。「思いつきで動く。」から改名してみた。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.28 Thu
気に入りの画像貼ってけ (神速VIP)のこの画像
Lunch On A Skyscraper

を見てて、どこかで見たことあるなって思ったから調べてみた。いろんな方法で調べたけど出てこない。よく見ると下に"new york collection"と書いてあるのを発見、検索したら出てきた!
 Charles Clyde Ebbets が1932年に撮影したLunch On A Skyscraperという作品だった。(参考:ポスターの通販ページ
これはあのロックフェラーセンターの建設中の有名なひとコマでした。


で、ここからが本題なんだけど、この調べる過程で気づいたこと3点。

 最初に見たとき、たしかマグナムのメンバーの写真(エッフェル塔)だった気がしたんで写真家の名前で検索かけたら代表作がたくさんでてきた。ここで新たな検索テク、「写真家はgoogle画像検索をすれば代表作がサクサク見れる」に気づいた。ビンゴの写真が出てこなかったけど。このテクは今後使える。

 2点目、次にマグナム・フォトをwikipediaで調べたら、メンバーのほとんどがページのない赤リンクになってた。全然開拓できてないので関心のある人は記事を書くべき。写真家志望の学生なんかがやってくれないかな?それともマグナム東京支社のサイトに紹介文はあるから誰も手をつけてないのだろか?
マグナムフォト東京支社のサイト http://www.magnumphotos.co.jp/

 3点目、この人だろうと最初に思ったマグナムのマルク・リブー(Marc Riboud)を検索したとき中国語サイトがヒットした。そこで知った知識「マルク・リブーさんは中国語にすると馬克・呂布さん」
 強そう・・・、でも実際はフランス人のちょっと軟弱そうな人だ。インタビューでも気弱そうな感じだった。

※ちなみにマルク・リブーは1957年、西側で初めて中国に入って写真撮った写真家として有名。
マグナムの英語サイトでスライドショーが見れます。http://www.magnumphotos.com/Archive/C.aspx?VP=XSpecific_MAG.PhotographerDetail_VPage&pid=2K7O3R133UUJ&nm=Marc%20Riboud

 以上、ちょっとしたテクとちょっとした発見でした。なお、マグナムの画像は載せられません。マグナムは写真の無断使用に非常に厳しく、使用料もバカ高いと関係者から聞きました。これも覚えておいたほうがいい知識です。
スポンサーサイト
テーマ:写す - ジャンル:写真
なんでもまとめ    Comment(0) このエントリーを含むはてなブックマーク   TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://h2co3.blog98.fc2.com/tb.php/32-a534b492
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。