自己紹介とToDoメモなんでもまとめ思いつき日記的過去に書いたもの+ネタ的ヤフオク・マケプレの技術未分類
自分のためのまとめ記事が多くなってきた。「思いつきで動く。」から改名してみた。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.18 Fri
http://anond.hatelabo.jp/20080717011148
 こちらに書いたものを自分で転載しました。転載の理由はリンク元に書いてあります。ここ、昔にブログ作ってみたものの放置してたので、この跡地を再利用することにしました。小見出しのtagとか編集の仕方がわからん!読みにくかったらごめん、あとで書き直す。
以下転載。
かなり慣れてきたので語ってみる。内容はかんたんなノウハウとマケプレをお薦めできない理由の2点だ。
(正式にはAmazon マーケットプレイスです。)

はじめに、ヤフオクとアマゾンの違いをおさらい

  1. 出品が楽。写真も不要だし、説明も少なくてすむ。
  2. 入金確認と発送の打合せが不要。これも本当に楽。
  3. 丁寧に連絡入れなくても怒られない。ヤフオクでの神経質さは異常。
  4. 手数料が高い。15%、ぼったくり。(ヤフオクは5%)。それと、実は送料持ち出しが多い(後述)。
  5. 売れなくても出品し続けることができる。いわゆるロングテールほにゃららってやつですか?
  6. 相互評価がないので、評価がシビア。ヤフオクだと報復評価があるけど。

こんな感じかな?

まずはスタートアップガイド

  1. 家中から本とCDを集めてくる。実家の倉庫や知合の引越の時にでもなんでももらってくる。
  2. まずブラウザをfirefoxにする。そしてaucfanにアクセスしてfirefoxのプラグインをつける。
  3. 検索バーでオークファンとアマゾンを直接入力できるようにする。
  4. 手元に本とCDを集め、検索をかけてひたすら値段チェック。
  5. このとき、アマゾンとヤフオクで相場が違うブツがあることに気づく筈だ。 ※Tips.1
  6. アマゾンでの出品最低ラインは500円。理由は後述。500円以下ならヤフーで処分しよう。
  7. 見込みのある商品はfirefoxのタブを開けっ放しにしておく。
  8. 売れそうなものが結構あったらアマの出品用アカウントを取る。
  9. 登録を済ませたら、商品の出品手続きをはじめる。最初は状態の良い商品だけを出品。 ※Tips.2
  10. 商品説明は他の人のを参考にしながら丁寧に書くこと。
  11. もし瑕疵があったらきちんと明記すること。テンプレ作って辞書登録が早い。
  12. 価格は最低価格と同じに設定。訳ありで安くしてる出品物があるので、同レベルの出品物と同じ価格な。相場クラッシャーは嫌われるぞ。
  13. 書き込みなどがないか検品して商品説明を書いて価格決めて出品完了、だいたい5分。
  14. 100個でも1日かければ出品は完了できるけど検品がおろそかになりがち。
  15. たぶんその日に早速注文が来るので、お礼・発送予定・連絡先を明記した対応文を書いておく。

※Tips.1 検索バーにテンキーでISBN直打ち、CDなら例えば「wpca-8421」と書いてあるような文字を入力すると早い。
※Tips.2 どんなに状態が良くても「状態:良」で出品すること。

準備はここまで。

実際に注文が来たら

  1. 受注票を印刷する。そして作っておいた連絡メールを当日中に出す。入金確認がないから楽。
  2. 丁寧に梱包する。緩衝材のほかに、雨に濡れることを考えてビニールなどを被せる。
  3. ただしメール便対策で厚さに注意。1センチ80円、2センチ160円、2cm以上は受け付けない。
  4. 発送は基本的にヤマトのメール便。コンビ二でも。当日発送になる締め切り時間を必ず確認しよう。
  5. ゆうメール(書籍小包)のとき本当は受注票を入れてはいけないのだが・・・
  6. メール便は恐ろしく遅い。到着予定を伝えてないとトラブルになる可能性大。


一ヶ月経ったら

  1. 丁寧な包装、控えめな商品状態の申告、素早い対応、きちんとできてれば一月後には評価がぼつぼつもらえる。
  2. 最初状態の良い商品だけを出品するのは、初期に低評価されたらもう一生浮かび上がれないから。
  3. アマゾンではお客様が神様。一方通行の評価のせいかヤフオクと違ってシビアなので本当に注意。
  4. メール便の伝票は捨てずに保存すること。ちょくちょくメール便の不着の苦情がでてくる。
  5. アマゾンから最初の入金があるはず。持ち出しの送料を取り戻して次の送料分を取っておこう。
  6. そろそろ全商品を出品開始。検品と商品説明はきちんと行うこと。


長くなったので今日はここまで。
次回は小さいけど有効なTipsと、ノウハウのそれぞれの理由を書きたいと思ってる。細かく書きすぎてるかおおざっぱすぎてるのか自分でもよくわからんな。
それと購入者向けに1円本のお金の行方、1000円のCDのお金の行方についても書いてみる。来週くらいになるかも。


7/24 まとまらないのでぐちゃぐちゃだけど続編を置いておきます。今度全面的に書き直します。
スポンサーサイト
2008.07.18 Fri
ちょっと練習がてら、昔書いたものを転載してみる。なんだこの操作の難しさは、、、ただ載せるだけなのに。


 この間のエントリで、増田ダイアリーで身元バレするという話を読んでその日のうちに全部消した初心者です。恐る恐るもどってきました。やっぱり、書いた身元を知られたり閲覧履歴をほかの人に覗かれて平気な人なんてのはそんなにいないと思う。ちょっと気になったのでまとめて書き出してみる。ただし僕はパソコンなんてろくにわかってない初心者なのでとりあえずそれっぽいものを列挙してみた。アドバイスあったら教えて。だいたいリファラーって誰のことだよ?日本人は○○ラーって呼ぶのがほんと好きだな。

1.クッキーとか「認証済みのセッション」は終了時に必ず消す。


 アマゾンなんかが余計なことをしてくれてわるいヒトにメアドとか色々ばれるらしい。僕はfirefoxをブラウザにして毎回消す設定にした。

2.閲覧履歴はこまめに消す。


 ブラウザのアドレスの欄にanと入れるだけで増田ユーザーであることがばれてしまう。最終手段はUSBメモリに入れて使えるブラウザを導入するといいらしい。それにしても、人に借りたPC使っててたまたまリンク先がエロかったとき、一瞬で消してもじっくり眺めても履歴表示は一緒ってのはなんだか納得いかない。マイクロソフトはエロサイト3秒ルールをIeに導入すべき。

3.Ieだと履歴消したつもりでもエクセル経由でばれるらしい。


 excel立ち上げて「ハイパーリンク>ブラウズしたページ」でアウト、らしい。Ie使わないほうがいいかも。

4.動画も写真も専用のプレーヤーを使う。


 標準的なプレーヤーはご丁寧に履歴を残してくれるし、Ieに履歴が残るから。

5.yahooのIDは2つ持つべき。


 ID検索すると利用してるサービスが出てきて色々推測できてしまうから使い分ける。ヤフオクで性別、年齢層、住んでる県くらいなら大体判断つくし、ゲームのランキング表で仕事中ゲームしてたのがばれるとか、色々。ヤフオクは出品に関しては評価しあわないと申し合わせるのがいいかも。

6.ネット上でどこに個人情報を出したかメモしておく。


 普通にネット生活するためには最近はアカウントたくさん作らないといけなくなってる。登録したまま忘れることも多いので作ったIDと晒した個人情報のレベル(メアド、仮名、本名、住所、クレカ番号)を書き残しておく。僕はよくメモを無くすので携帯のメールにさらっと送信して保存してる。

7.ネット上で住所などを書くときは必ず嘘の情報を入れておく。


 個人情報は漏れて当然らしいので、せめてどこから漏れたか当たりはつけたい。マンション名を少し変えたり名前の漢字をひらがなにしたり、架空の妹を作ったり。僕は正直言うと全くの別名を使ってる。配達屋さんのために表札にもその名前足してある。

8.ソフト導入。avast! spybot CCleanerとか。


 はっきりいってこういうソフトが何をやってるのかわからんけど、みんなが入れてるみたいだしかっこよさげなので僕もー。PC苦手な子の前でspybotを起動させて「ほほぅ、こうきたかー」なんて神妙な表情で言えば、ゆるふわガールにもてmalスリムな愛されボーイに大変身。変な履歴の残らない恋愛に発展しなくもない。いや、たぶんない、ごめん。


そろそろ思いつかなくなってきたので、次ははてな編。

9.増田ダイアリの編集画面ではリンク先のチェックはしない


 IDがばれるらしい。「http://king.jp ←こいつロバの耳w」 はい、死刑。

10.プライベートモードの癖に自分でリンク貼って踏んでもダメらしい


 IDがばれる可能性が高いらしい。


.......やばい、13とか適当に書いてみたけど、そろそろ限界...


11.そもそも恥ずかしいことはネット上に書かなければいい。


 手書きって大切。たとえば海外からはメールでなくて手紙送ると意外と高ポイントだったりする。宝くじの当選通知とかね。何の話だ?、でも、恥ずかしくて消すときは全力で消す。googleのキャッシュとかweb.archiveとか魚拓とか、増田だと勝手に保存して公開してるサイトがいくつかあるみたいなので注意。


12.どうしても書きたいっていう衝動がある人には最終手段がある


 僕も覚えあるけど、半匿名サイトですらキモがられるようなことを書きそうなときは、キーボードからキーを一つ抜いてしまえばいい。aiueoは致命的なのでまだやったことないけど、mとかrのキー1つだけでも微妙にキツイ。文章作るのが大変なので書けただけで満足できるようになる。まぁ初心者はpとかlとかgから始めるといいかも。


........とりあえず、2つ作ってみた、あと最後、、


13.そもそもはてなを使わないほうがいいかもしれない


 運営は問題点があっても放置プレイが基本らしい。しかもはてなの住人はアラ探し改善点を見つけて報告することに日々熱心らしい。さすが、日本の技術者魂="KAIZEN"。今回の僕みたいに泣きながら全エントリを消して一旦退会までしたような初心者はまたどこで落とし穴があるのかわかったものではないから、もしかしたら別なところへ行ったほうがいいかもしれない。


息も絶え絶え13個挙げてみました。付け加える点とかいろいろアドバイス下さい。


※追記、長い文なのにぶくマークありがとう、「ネタ」とつけられるのもいいですけどw、アドバイスもマジでほしいっす。上級者はどういうことに気を使って何をしてるんだろうね、すごく知りたい。
2008.07.18 Fri
ニートだけど通学中の幼女の大群に襲われた。あと人生って何?への回答。
http://anond.hatelabo.jp/20080710001202
 2兆円?少なくない?
 俺はみんなにくばる。60億人に平等に配る。350円位?世界中のみんなが吉牛食べられるよ!


 それか、会った人に毎日配る。俺に挨拶しにきたら千円、一日一回限定、みたいな。
 でもたぶん日本だけだと地元のテレビに取り上げられて終わりだろうな。
 だからもちろん、世界を廻るよ。

 成田出発してインドに降り立ったらナマステーの大合唱。おれもナマステーナマステー言いながら歩くうちに秘書がどんどん千円入りの封筒を配る。空港からホテルに着くまでに2000人は下らないだろうな。
 翌日から用意してた自転車で各地を廻るの。うわさを聞いた群集がどんどん俺についてくるの。俺のちゃりんこの後に何万のインド人がドドドドドって砂埃上げながらついてくるの。レグールの黒い砂埃が俺のうしろで舞うわけ。それで、行く村々でみんなが首を長くして待ってるのな。村人の好意で寝床も用意してくれるんだけど、夜中の0時をまわった直後に挨拶に来る連中が列を作ってるからおれなかなか寝れないのな。またかよっ、とか眠くて機嫌悪くなってるけど、そもそも言い出しっぺ俺な。
 その頃にはロイターが世界中にこのニュース配信してて話題騒然なわけ。で、南インドまで行ったらおもむろに言うの。「陸路でアフリカ行こーかな」ってさ。
 インド人動揺するの。やっぱりインド人はびっくりするの。もっとびっくりしてるのがパキスタンとかの人たち。まじで?やべーよ、まじであの変なヤパン人くるわけ?おとーさん頑張っちゃうぞーみたいな。
 で、俺はそのまま自転車でパキスタンに入国するの。国境にインド人が集まってるのな、インドだから半端ない人数で、80万人くらい。でパキスタン側にも5万人くらい集まってるの、国境が混乱して


 やばい、時間だ。途中だけど、そろそろ逝かないと。夢語るうちに終わることもあるよ。




こちらも自分で転載。元増田から返事くれるかと思って待ってたけど、、オチが弱かったかな?
2008.07.18 Fri
  1. テンプレートの編集の仕方がさっぱりわからない
  2. webからの転載やテキストエディタ上のものを載せるときの整形が手作業すぎてしんどい
  3. タグがタグになってなくてグダグダ
  4. 書くにも読むにも文章だけに集中できる形態にしたい、けどよくわからん
  5. テキスト表示位置の横を幅広く見たいんだけど、今のテンプレ以外でいいのが見つからない。
  6. プラグインの設定がよくわかってない
  7. リンクの色を変えたいけど、、、
  8. アフィってどうやるんだっけ?
  9. RSSって?
  10. トラックバックってどっかのバンド名?

ちょこちょこっと文章書くのもしんどい。これが解決しないとまた放置することになりそう。
ごめん、ブログやってる人のこと、今まで小バカにしてたわ。手間暇かけてつくってたんだ。
2008.07.24 Thu
えっと、おおげさなタイトルつけちまったな、まあいいか、このまま突っ走ってみる。
で、文章からその書いた人のこと自身を読むコツなんだけど、自分が考えてるのはこれ。
  • なぜそれを書いたのか?
  • なぜそれを書かなかったのか?

 ほら、たったふたつでつまんないだろ?でもこれだけで充分だと思うんですよ。基本的に文章というのは一直線の暗号文。この一直線というのがミソなわけでして、マンガみたいに「絵を見てセリフ見て構図見て」みたいに、目をキョロキョロしてはいけない窮屈なコードなんですよ。縦のものは横に読めない、なんて当たり前すぎること書いてるけど、一文字一文字つなげていくうちに暗号文を完成させなきゃいけないからこのコツが役に立つんですよ。
 文章は一直線なんだから風景を描写するのにはそもそも向いてない。でも名文へのほめ言葉で「情景が目に浮かんでくるようだ」というのがよくあるよね。これは「視覚」が一番すごいと思ってる人たちがたくさんいるからなんだよね。少なくとも読者になりうる人は「視覚」が一番すごいと思ってる人が多い。法律文や数学の証明を見て美しいと思うような人はそもそもこういうの読まないし書かないからね。
 だからそういう視覚好きの人向けに暗号文を作成するときは、一つのことを書いたあとに別なことを書いて複線化したり、意味の薄い文を挿し込んで文章に空間を作ったりするんだと思うよ。それと文章下手な人は「、」とか「。」とか余白を一行つけたりして、なんとか文章に空気入れようとごまかすよね。この文章もそう。そういう工夫をして絵を作ろうとするけど、さっきも言ったとおり文章は一直線なんだからどう頑張っても線描画にしかならないんだよね。
 ついでに書くと散文が線描画で、ポエムが水墨画なんじゃないかと僕は思うのね。ポエムなんて読んだことないけど、たとえば「ささやき いのり えいしょう ねんじろ」という復活の呪文ポエムなんだけど、死んだ人が生き返るという超展開を表現するために絵の四隅にちょんちょんと筆を入れるくらいしかうまい方法がないんだわ。逆に散文は「なんでこのあとにこの線入れたの?」ってしょっちゅう聞けてしまえるんだよね。

 はなしがそれたけど、じゃあそういう絵とか風景とかを切り捨てて文章自体を考えていくと、なんでこの人はこのことを取り上げたんだろうかなんてことに集中できてしまう。別に今日のお風呂で最初にどこを洗ったかとか、セミの鳴き声がうるさいとか書いたっていいのに、なんで書かずにそれを取り上げたかを考えられるわけ。それは文章は一直線で暗号を伝えるから自分が注意を向けた関心事しか書くスペースがないし他のことはある程度切り捨てないといけなくて、関心事に対する注意の向け方や焦点の当て方でその人の考え方が丸見えになってしまうんですよ。また、特にブログなんかでは切り捨て作業の精度が甘いから「枝がつく」というか枝が茂ったまま出てて匿名でもわかりやすいんですね。
 ジャングルの奥地に住む部族は草木の種類を植物学者なみに分類できるし、年頃の女の子はファッションブランドをそれぞれ区別できるし、波動球を108式まで分類できる人もいる。でもこれ全部できる人はいない。つまり注意力というのは無限ではなくて有限のリソースなんで、その少ない資源をどこに向けたかというのでだいたいその人の注意の向け方や意図や方向性がわかるんですね。


 なんか絵空事ばかり書いててもつまらないので実習してみる。たとえば、私の知っている某有名はてなダイアラーのリアルでの特徴。これなんだけど、無関心なことに注意を向ける人はいないことはさっき書いたよね。だから上げるか下げるかしたいから書いたわけ。それから箇条書きにしてるのは、書き手自身の情報を消して客観的な風を装いたいという意図だよね。「(余談)」って書かなくてもいいのに書いてるね、顔はどっちに向いてるかがわかるね(「顔」って方向な)。「通常の非コミュ」をわざわざ出してきてるのは、対比させる意図のほかにも色々と想像がつくよね。

 これに書かれたらしい人のことはよく知らないので今回流し読みしたけど、確かに繊細なことを書いてるよね。読んでて面白いし。で、この人がなんで繊細なことを書いてるかというと、逆説的だけど繊細になれないからなんだと僕は思う。他人に気を遣える注意リソースをもってる人はそもそもそんなことを考えない。逆に気を使えない人はなんでトラブルになったかわかんないから、後で注意リソースをそこに向けてずーっと考え続けるんだね。で、頭で考えたことを文章化するんだけど、頭で考えたこともない人たちには、それはとてもありがたい文章になる。うまくいったときの場面を書く、概念で書く、作り話で書く、どんな方法でも良いけど、そこに注意を向けて文章化できるだけでも貴重な存在なんだと思うよ。なんでもうまくやれててハッピーな人の文章や、できないし考えもしない人よりも。


 なぜそれを書いたのか?なぜそれを書かなかったのか?このふたつは本人の注意力が向かっている方向の裏返しになってる。普通なら気づくはずのことを書いてなかったり、当然のことをわざわざ書いてたり、そういうのは考えが浅いか経験がないか当たり前だからか気づきもしないからか、少し気をつければどの方向から書かれた暗号かわかる。


 結論。日本には書道とか漢字とか縦読みとかの伝統があるから絵的に読むのも面白いけど、絵的に読まずに一本の線として文章そのものに集中して読むのも面白い。タイトルに名前負けした上、予想外に長くなったけど、とりあえずそういうことで。


ついでに
 美しいと思う文章があるよね。それは計算された美しさ、または枝をきちんと剪定した美しさという種類と、計算のない美しさの2種類があるよ。今年、子供が生まれたという文章と、とあるメンヘラさんの文章ふたつを拝見したけど、どちらも美しいんだよね。前者は喜びで疾走感溢れてて計算がないし、後者は守るものがないから計算することもないというのが美しさの秘訣なんじゃないかなと思った。



こちらから自分で転載、そして僕は村人じゃないよってことを熱烈アピールしてみる。ブックマークコメントのxevraさんの見てて思い出したんだけど、じゃあなんでこれ書いたの?っていう質問に対して縦読みを仕込んでおくというアイデア、書いてるうちにうっかり忘れてた!こんな感じでいつも中途半端なんだよなぁ。

追記
+疑心暗鬼は心に毒。一部の人には勝手に合わせ鏡を作らされたような不快さが残ると思ったのでアピールしてみましたよ。
+katzchangさん、仰るとおり。この内容は当たり前といえば当たり前のことなんですよね。
+yukitanukiさん、書き手の「当たり前」と読み手の「当たり前」のガチンコです。
+ululunさんとjulajpさんの指摘するとおり、内容が当たり前すぎてもここに書く意図は?という無限ループになるんだけど、そこを押さえるオチを完全に忘れたのは猛反省。
+というか、書いた本当の理由はリアルに「太陽が眩しかったから」。今日は暑くてサボって引きこもってた。

+bgvilleaさんのエントリ、楽しく読ませていただきました。面白いですね、そもそも日本人という大前提があることまではきづきませんでした。地球が回ってることに今更はっと気づかされたようなきもちです。ちょっと関係ないけど「枝がつく」というのは盗聴されるという意味で、暗号という言葉にかけて使ってみましたが結構てきとうな使い方してますね。
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。